copyright(c)2018 BABY MAMA.

生理痛につきまして

「生理痛が強い。」


その言葉をよく聞きます。


中には仕事や学校を休まないといけなかったり、日常生活に支障が出ていたりする人もいます。


強烈になると担架で運ばれて、そのまま入院になる人もいました。


そんな状態が一ヵ月に一度やって来るということに驚いています。


さらに驚いたのは、そんな生理のツラさが普通だと思っている人がほとんどということです。


・・・もしも、その生理痛が少しでも楽になるとしたらどうでしょうか?


毎月の憂鬱が少しでも減ってくれるのだとしたら、痛みに悩まされないとしたら、どうでしょうか?


女性専門の施術をしていくと、生理というものは必ず勉強しなければなりません。


その中に生理痛の緩和方法もありました。


それを少しでもお伝えできたらと思います。



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



そもそも生理ってなんであるの?


ご存知の方が多いと思いますが、生理は子宮の内膜が剥がれ、経血として外に排出されることです。


そして新しい内膜がまたスタンバイされていきます。


つまりは子宮の中のリセットですね。


女性の身体は月に一度お腹の中をリセットして、赤ちゃんを新しいベッド(子宮)で迎えるようにしているというわけです。


ということは生理って本来は女性のために必要なものであって、嫌われるものではないはずなのです。


生理と上手に付き合うことができれば味方になってくれます。


月に一度来るのであれば、嫌にならないような生理に来て欲しいですよね。




生理痛があるのはなぜ?


諸説ありますが、生理痛は主にプロスタグランジンという分泌物が原因とされています。


プロスタグランジンは生理中の経血を排出しにくい時に、子宮や血管の収縮させて経血排出をお手伝いしてくれるのですが、そのお手伝いが痛みの原因です。


自力で経血を排出できないため、他の力を頼って無理矢理排出させることが子宮を必要以上に収縮させてしまうからですね。


つまりプロスタグランジンが分泌されなければ生理痛が起こりにくい。


極論ですけども、そうなります。




ということは?


プロスタグランジンが分泌されにくい体質が必要ということですね。


すなわち、子宮が自力で経血の排出をしてくれれば良いわけで。


そうなるのに必要なのが子宮の柔軟性なわけです。




現代の女性のお腹は冷えていることが多く、触ってみると硬くなっていることも多いです。


言うなれば「子宮が凝っている」状態です。


肩コリや腰コリならば運動やストレッチでも十分に解消できるのですが、子宮コリとなると運動やストレッチはイメージが難しいですよね。


一番簡単な自宅ケアは温めることと腹式呼吸ですが…。


正しい腹式呼吸を知らない人はいつでも聞きに来てください。


詳しく説明、指導させて頂きます。



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



生理痛対策の施術


※ここで少しだけ営業。


BABYMAMA(当院)のメニューの「レディースケア」は生理痛や更年期障害といった女性特有の症状に対する施術です。


生理痛の原因はさきほど挙げたほかにもあるのですが、それはまた次回にでも。


もし、本当に生理痛がツラい。ほんの少しでいいから楽になりたい。


そんな思いがありましたら、いつでもご相談下さい。


出来る限りの方法で少しでも楽になっていただけるように頑張ります。