骨盤を整えるとは?

世にいう骨盤矯正。


よく聞く言葉です。


骨盤の歪みがゼロならば それに越したことはないのですが、普通に生活していれば歪まないワケがないのが正直なところです(-_-;)


日々の積み重ねが骨盤を少しずつ歪ませているが故に、すぐに歪みゼロにはならないものです。




利き手、利き足、利き目というものがある以上どうしても動きにはクセができます。


さらに言えば内臓も左右対称じゃありません。


一番大きい臓器とされる肝臓が右側にある以上は姿勢が右に傾きやすくなるのは仕方ありません。


骨盤の矯正をしていても日々の生活で少しずつ元の歪みに戻っていくのも当然と言えます。




しかし、歪んでいる状態を放っておいても良いことはありません。


少しでも対策があるならばした方が良いと思っています。




まずは簡単なことから始めましょう。


いつも片方に偏りがちなクセを少しでも良いので反対側でも行いましょう。


足の組み方、カバンの持ち方、頬杖のつき方などなど。


普段の何気ない動作は同じ側のみを使っていることが多いです。


それを左右でバランスが取れるようにしてみることから始めてはいかがでしょうか?(*'▽')


最初は気になると思うのですが、頑張ってみましょう(੭´・ω・`)੭⁾⁾




個人的には骨盤矯正などでしっかりと整えた状態を体操やストレッチなどで鍛えた骨盤周りの筋肉で支え、日頃のクセの偏りを少なくして歪みにくい状態にするのが理想と思っています。


妊活で頑張っている方、妊娠中でしんどい方、産後の骨盤でお悩みの方は無理をせずにまずは骨盤ベルトなどを頼ってみるのも良いと思います。

最新記事

すべて表示

産後の骨盤の引き締めは大切です

出産時は人生でかつてないほど骨盤が開いてしまいます。 赤ちゃんが通って産まれてくるのですから当然なのですが(^^;) しかし、その開いた骨盤を放置しているというのは非常に由々しき問題です。 ・骨盤の開きで内臓が下がるために代謝が下がる。 (痩せにくい体質になってしまう) ・下がった内臓が子宮を圧迫する。 (子宮の血流の問題で二人目不妊になりやすい) ・身体のムクミの原因になる。 (特に脚) ・純粋

copyright(c)2018 BABY MAMA.